読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atskimura-memo

あまり仕事とは関係なく適当に書きます。開発ネタが多いかもしれません。

ビデオチャットできて自分のサーバーにつながるクラウドIDE「Kobra.io」

おもしろいサービスが先週金曜日にパブリックベータになったので、ご紹介です。

f:id:a_kimura:20140227003519j:plain

Kobra.ioとは

一言でよい紹介文が思い浮かばず、記事タイトルに悩みました。どう考えても長い。。。

基本はクラウドIDEなのですが、以下の2つの特長を持っています。

  • テキスト・ビデオチャットでコミュニケーションしながらコーディングできる
  • 自分のサーバーに同期できる

後者がなかなか他で見ない機能でおもしろいなと思っています。SSH接続できるどんなサーバーにも接続でき、IDEで編集・保存すると、そのサーバーにちゃんと保存されます。

使い方

ログイン(GitHubログインも可)すると、空のプロジェクト一覧画面が表示されるので、最初のプロジェクトを作成します。

f:id:a_kimura:20140227004905j:plain

ここで以下を指定してNextを押します。

  • Name: プロジェクト名
  • Host: 同期するサーバーのホスト名(IPアドレス)
  • Path: プロジェクトルートにするサーバーのディレクトリパス
  • User: サーバーへのSSH接続ユーザ
  • Port: SSH接続ポート

f:id:a_kimura:20140227005312j:plain

とSSH公開鍵が表示されるので、指示通り/home/<SSH接続ユーザ>/.ssh/authorized_keysにこの公開鍵を追加します。

追加したら、「Test Connection」を押します。
押せた感じがしませんが、ちょっと待っていると、プロジェクトができます。

f:id:a_kimura:20140227005504j:plain

ただし、バグがあって階層が深いディレクトリを指定するとここでエラーになるっぽいです。(Kobra.io Blog — Update on Initial File Sync HTTPError

指定したサーバーのファイルが開いて編集できます。

f:id:a_kimura:20140227010556j:plain

ビデオチャットで話しながらコーディングもできます。
しかも、うちのco-meetingと同じく一文字ずつ相手に伝わるライブタイピングです。

f:id:a_kimura:20140227010643j:plain

テキストチャットはなぜか動きませんでした。

おわりに

Beta版だけあってバグも多く動作はいまいちなんですが、なかなかおもしろいです。ただのクラウドIDEはあまり興味なかったんですが、自分のサーバーにつながるよってだけで何か使えそうな気がしてきます。なんだかわかんないんですけどw
クラウドソーシングで仕事お願いするときとか、デザイナーさんと仕事するときとかに使えないですかねえ。

作り的にもいろんなクラウドサービスを組み合わせて作っていておもしろいです。リアルタイムIDEのところはFirebaseっていうリアルタイムDaaSとそれを使ったコラボレーティブコードエディタFirepadを使っています。ビデオチャットはEasyRTCを使っています。こういったいろんなサービスのおかげで新しいサービスを作るのはだいぶ楽になりましたね。ありがたい世の中です。
FirebaseとFirepadはそれはそれでおもしろいので、また別途記事を書こうと思っているんですが、書けずに貯まっています><


Kobra.io